p53誘導体DBグルコース|全分子フコイダンエキス

p53誘導体とは

p53誘導体とは、シンゲンメディカル株式会社が創業以来重ねてきた、癌補完医療の研究により開発に成功した、癌補完医療の複合体成分のことを指します。

 

各種マウスを用いた実験や、ヒトでの臨床実証試験を経た「p53誘導体認証」補完サプリメントが、p53誘導体です。

 

p53誘導体は、ヒバマタ海藻からごく微量に抽出できる高水準のフコイダンを主体として、「全分子フコイダン・フコース・フコキサンチン・DBグルコース」から構成されています。

 

 

これらが高濃度に配合されることによって、成分単独では得られない「レベルの高い相乗効果」がもたらされるのです。

 

では、p53誘導体はどのようにすれば私たちの体で癌を防ぐ働きをしてくれるのでしょうか。

 

その方法とは、なんと「経口摂取」です。「p53誘導体DBグルコース」が経口摂取によるマウス試験において、ほぼ100%の癌成長阻害率を示したことが第74回日本癌学会学術総会において発表されました。p53誘導体は、経口摂取において優れた抗癌効果を有する食品成分なのです。

 

p53誘導体の含まれる食品は、「p53誘導体認証というマークのついた食品」として実用化されて、インターネットでの購入が可能になりました。

 

 

p53誘導体は、従来の辛く苦しい抗癌剤とはまったく異なる新しい癌への対策方法といえます。日本人の死因第一位である癌を防ぐためにも、p53誘導体認証食品をぜひ試してみてはいかがでしょうか。

p53誘導体認証というマークの付いた食品

シンゲンメディカルは、p53誘導体DBグルコースを正式に癌治療に使用する成分として、臨床試験を行ってきました。
そこで認証され、p53誘導体認証というマークの付いた食品がp53誘導体DBグルコースになります。

 

 

当初、このp53誘導体DBグルコースの癌細胞増殖抑制効果は、試験管上ではきちんと証明されていましたが、薬として使用するには、DBグルコースが代謝されてしまって、なかなか口から摂取して薬として使っていくのは難しい状況でした。

 

しかし、シンゲンメディカルが行ったP53誘導体DBグルコースを経口摂取するという臨床試験で、癌細胞増殖抑制効果は実証されました。

 

 

上に示した画像のように、マウスに対して、ただの水道水と、p53誘導体DBグルコース添加水を与える実験が行われました。これによってp53誘導体DBグルコースによって癌W14細胞の増殖・成長が完全に止まり、腫瘍ができないことが確認されました。

 

数々の試験と実績をふまえて、現在ではp53誘導体として認証され、全分子フコイダンエキスとしてサプリメント使用されています。
学会でもその補完サプリメントの有用性が発表されている、信頼と実績のあるサプリメントです。

 

 

実際の使用例としては、胃癌が肝臓・リンパ節にまで転移し、腫瘍がステージ4と診断されていた患者さんからの臨床報告でも腫瘍がほとんどなくなるという驚異的な効果を見せています。

 

 

この通り、腫瘍は目に見えないほどに、ほとんどなくなってしまいました。

 

認証は長い道のりですが、このような過程を経て、実際にサプリメントとしてp53誘導体が皆さんにお届けできるようになりました。


TOP p53誘導体DBグルコース p53誘導体認証 全分子フコイダンエキス 札幌医薬研究所 ご購入について